これまでの教科書プロジェクト

といいましても、本当に小さなチームでやってきましたが。

 


 

第1弾:「入門から応用へ 行動科学の展開」(生産性出版、2000)

ポール・ハーシィ、ケネス・H・ブランチャード・デューイ・E・ジョンソン共著
山本成二・山本あづさ(網)共訳

 

現代のリーダーシップ・モデルのもとになる多数の先行研究が紹介されており、人材開発や能力開発領域の人々や経営学の学生たちにとっては、40年近く教科 書として使われてきています。リーダーシップ研修やリーダーシップ研究を行なっていく上で、わたし自身も30年間、バイブルとして常に活用しています。

本書は、2012年現在、第9版が出版されており、近々、第10版が出版されます。 翻訳は第7版までですが、初版から40年近く、世界でロングセラーを 続けています。生きている人間活動を扱うリーダーシップ理論ですから、時代々々にあわせて、必要な改訂を行ってきているのです。

わたしたちも、このように時代の要請にこたえる「進化する教科書創り」をめざします。

時代は急激に変化を遂げ、予測できないほど混沌としてきています。組織の境界があいまいになり、非正規雇用が増加し、ソーシャルネットワーク力に代表され るさまざまな影響力の変化が起こり、また、地球温暖化や異常気象によって生活や生命すら危険にさらされるなかで、20世紀の組織論や経営論をもとにしたリーダーシップ論だけでは不十分です。新しいリーダーシップの枠組みが必要です。

新しいリーダーシップの枠組みを、多くの教育リーダーたちに理解していただけるように、本書のように、「関連する先行研究を多数わかりやすく解説し、新しい枠組みを展開する」という教科書を創りたいと思います。

目次

マネジメント―ある行動科学的アプローチ
意欲と行動
意欲を育む状況条件
リーダーシップ
リーダーシップ―状況対応アプローチ
リーダーの効果性決定
状況(環境)を診断する
状況対応リーダーシップ
状況対応リーダーシップ、意識、そしてパワー
人的資源の開発
建設的指導矯正
効果的関係の構築
グループ・ダイナミクス
状況対応リーダーシップの導入
計画と変革の実施
経営管理論の統合


 

第2弾:状況対応リーダーシップ(r)事例集Ⅰ(CLS双書、2002、現在はリーダーシップ研究大学でダウンロード出版)

状況対応リーダーシップ(r)研究員共著

状況対応リーダーシップ(r)を指導するS.L.研究員たちとともに、研修で使えるテキストとして作りました。

頭で学習した状況対応リーダーシップ(r)を実際の場で使えるように、ケーススタディ形式で作っています。

状況対応リーダーシップ(r)事例集Ⅰ(無料)

 


 

第3弾:行動科学入門(生産性出版、2005)

山本成ニ監修、山本(網)あづさ・桃井庸介著

シーエルエス・グループとして、実際にどのように研修しているのか、状況対応リーダーシップ(r)の今後の展開としてどのような行動モデルが可能なのかについて説明されています。

 


 

第4弾:組織マネジメント戦略「リーダーシップの発揮」(有斐閣アルマ、2005)

慶応義塾大学ビジネススクール編 高木晴夫監修

 

第9章の「リーダーシップの発揮」執筆を網が担当しました。本書は、経営学の良い教科書が日本語にないということで、高木教授が慶応義塾大学ビジネススクール(KBS)の教員や学生やOBに声をかけて、全員で執筆したものです。

 

KBSのものの考え方、価値観、教育方法(ケースメソッドなど)という共通の背景をもつ仲間で執筆したので、理論的にも一貫性がありますし、教科書としてのひとつの統一的な流れがあると思います。

 

本書は、組織マネジメントの教科書としてまとめられました。リーダーシップはほんの一部にすぎません。これから創ろうとしているものは、未来の日本を創る子供たちや若者を教育する「教育リーダーのためのリーダーシップ教科書」です。

 

教科書は、まとまった一貫性のあるメッセージを伝達する手段のひとつだと思います。執筆者たちが、世の中にあるさまざまなリーダーシップや関連する先行研究をしっかり議論し、なにが足りていてなにが足りなのかを吟味した上で、筋道の通った新しい枠組みを創りだす必要があると思っています。

 

そのためには、教育や理論的背景を仲間で共有していく必要があります。リーダーシップ研究大学が、その役割を果たしていきたいと考えています。

 

目次

第1部 組織の基本的考え方とその今日的条件(組織の考え方
組織の置かれている今日的条件)
第2部 組織の形成と働き(経営環境のなかでの組織、その作られ方
働く場としての組織 ほか)
第3部 組織で働く個人(組織における個人
働くことへの動機づけ ほか)
第4部 組織を動かす(リーダーシップの発揮―ミドル・リーダーシップとトップ・リーダーシップ
組織文化 ほか)
第5部 ケーススタディ(組織マネジメント戦略の実践)


 

第5弾:「12のリーダーシップ・ストーリー、課題は状況対応リーダーシップ(r)で乗り切れ」

網あづさ・進化する教科書チーム


だれもが発揮できる効果的なリーダーシップについて12の事例もとに考えていきます。
大物成功者、カリスマ、エリートのリーダーシップではなく、日頃使える私たちのリーダーシップを紹介・解説します。

リーダーシップを、経営エリート教育ではなく、だれもがあらゆる場で使えるように研究し、教育し、出版する教育機関、その領域の専門家や教育者を養成する大学院を創りたいと思い、ダメモト、手探り、試行錯誤、諦めない、の精神で、ようやくリーダーシップ研究大学(University of Leadership Studies)というインターネット大学院(米国カリフォルニア州、日本語・英語対応)を夫と共同設立しました。インターネット大学院ですから、いつでも、どこでも、自分のペースで学位取得できます。いずれ何語でも受講可にできればおもしろいと思っています。

このような試行錯誤や諦めない精神は、行動科学と状況対応リーダーシップR(S.L.理論(r))の学習を通して生まれたと思います。この考え方は、過去40年にわたって世界のリーダーやマネジャー1400万人以上が学習してきたものといわれていますが、わたしにとって特に印象的な考え方は次のようなものです。

・赤ちゃんがミルクを欲しがって泣いたとき、おかあさんがミルクをあげたら赤ちゃんは目標達成したことになり、リーダーシップを発揮したことになる。
・ 目標は低すぎても高すぎてもやる気が起こらない、ちょっと背伸びするくらいのチャレンジがいい。
・ 「こうなると思って行動していたらそうなる」という自己充足的予言。
・タスクは「◯◯管理」のように曖昧な表現ではなく、具体的に「◯◯すること」というように行動指標で表現すること。そうすれば、進捗状況をレディネス(能力・意欲)で測ることができる。
・ リーダーシップは自分が発揮するのではなく、相手がどう受けとめてどう行動するかが重要。
・ リーダーシップはプロセス(働き、機能)、人ではない。
・状況対応リーダーシップRは記号で示されているので簡単に関係者の間で共通言語として理解し合える。

どんな問題でも、行動科学や状況対応リーダーシップで見直すと、「だからこうだったんだ」「自分のやったことは間違ってなかったんだ」「相手はこんなふうに感じていたのかもしれない」「こうしておけばよかった」...が見えてきます。30代のあなたに贈る―自分がわかると未来が変わる、応用行動科学の入門書。

===

はじめに 「リーダー教育」ではなく、「リーダーシップ」教育をせよ

PART1 「リーダーシップ」ってなに?――リーダーシップの基本「タスクのとらえ方」と「状況対応リーダーシップ(r)」を整理する
1 部下を「ロボット扱い」する困った女性上司
2 民主的リーダーは度を過ぎればあだとなる
3 情緒不安定な部下をもてあます男性課長

PART2 リーダーシップには「共通言語」がある――「行動科学」と「状況対応リーダーシップ(r)」はどう使うか

PART3 リーダーシップのかたちは一様ではない 
4 「ハートセンター」開設に医師の意見を重んじる院長
5 上司の無謀な決定を上手に軌道修正した部下
6.「将来は米国で外交官に」――国際親善活動から学ぶ日々
7.「貧困でも学びを」が校長の思い。初のバイリンガル小学校
8.上場プロジェクトに部署を超えて選ばれた3人
9.4代目は息子か、娘かで揺れ動く老舗和菓子社長

PART4 自分の中にある「リーダーシップ」を活かす
10.「サークルを作る」と宣言し、仲間を募った男子大学生
11.南アフリカで「弱者の経済的自立を」応援する女子大生
12.ひとりの思いつきが400人規模のシンポジウム開催へ


===

発表された研究ノート、事例ノート、学習ノート

http://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php

こんにちは、
佑平、翔平頑張ってますね。できるものなら、試合応援しに行きたいです。

前からずっと思ってた事です。

家庭を崩壊させた英子さん。
3人(陽子、英子さん、安田朝鮮弁護士)が結託して俺をはめた事は事実だが、英子さんさえけしかけなければ、俺から離婚するとは言い出さなかったので、今でも子どもたちと家庭生活を送っていられた。そう思うと仮に何十億円あったとしても、自分が決めた金額以上はどうしても払うことができない。

子供たちを網から嶋に変えた。俺の子供であることは間違いないが、子供たちの姓が嶋だとどうしても払う気がおきない。

君のお母さんが ”広正さんと別れちゃいなさい! あたしが面倒みるから(経済的に)”といって、家庭を崩壊させた張本人なんだから、お金の件は英子さんに相談してください。

ただ、この前も電話で話しましたが、私が決めた金額に関しては、嶋家だろうが、子供が成人になるまで払います。

PS   この前幸太郎と数日間、親子水入らずで過ごした。ほんと楽しかった。
rainbowroad48
Last modified: Saturday, 28 May 2016, 2:45 PM