リーダーシップ・フォーラム

 
 
画像 Azusa Ami, Ph.D.
状況対応リーダーシップ®(S.L.)セルフ
2011年 10月 8日(土曜日) 16:20 - Azusa Ami, Ph.D. の投稿
 
状況対応リーダーシップ®(S.L.)セルフ:

本当の意味でやる気がでるときとは、どんなときでしょうか?楽しいことをやるとき、気持ちいいことをやるとき、「やりたいと思ったこと」をやるとき、やる気は出てきます。

「やりたいと思ったこと」という表現は誤解をうけるかもしれません。リーダーシップ研究の枠組みでいえば、「どこをめざすのか」という方向性やビジョンにあたる部分であり、行動科学ではあまり内容に踏み込んで説明されない部分です。

状況対応リーダーシップ®モデルでは、「やりたいと思ったこと」がどのようなものであるべきかを示す説明として、「要求ではなく必要性」という表現を使っています。見境なく好きなことだけ、やりたいけことだけをめざすのではなく、自分に必要なこと、課せられたことは何かを見極めてめざすということを意味しています。

たとえば、食事をするとき、好きだからといって気の向くままに甘いものだけ、脂分の多いものだけ食べるというのではなく、自分の身体にいいもの、必要なものを見極めて食べる必要があるということです。状況対応リーダーシップ®(S.L.)セルフで「やりたいと思ったこと」という場合は、自分が成長したり、満足感や充実感を感じるのに必要なこと、そのために自分に課せられたことなどを意味しており、いいかえれば「自分の“ために ” やるべきこと」になります。

http://bookstore.jpc-net.jp/detail/books/goods001956.html