事務局からのニュースフォーラム

 
 
uls
ELAフォーラム配信
2011年 09月 16日(金曜日) 14:38 - 事務局- Administrative Office の投稿
 

ELA研究会サイトのニュースフォーラムでも、ELA研究会フォーラムを配信開始いたします。

研究会フォーラムのバックナンバーはこちら↓
http://www.e-uls.org/ela/kenkyuu-tema#TOC-ELA-

出版物PDF版のダウンロード販売を始めました!

出版物ダウンロード・ショップはこちら

状況対応リーダーシップ®関連書籍

状況対応リーダーシップ®は、社内リーダーシップ共通言語として、組織文化共有の方法として活用できます。また、日本語、英語、中国語、ヨーロッパ諸国などの各国語で提供できますので、多国籍企業や海外進出企業のリーダーシップ社内共通言語としても活用できます。

状況対応リーダーシップ®研修ライセンス、研修ツールはこちら

リーダーシップ研究大学出版、研究ノート、事例レポート、小冊子など

実践と創造のリーダーシップ研究会(ELA)研究員募集しています!

ELA研究会について
ELA研究員とは?
ELA研究員とは、Entrepreneurial Leadership (事業創造リーダーシップ)Academyという名の通り、創造や実践を生み出す力や影響力について、ともに研究し成果を共有するメンバーです。

21世紀のリーダーシップとして「事業創造のリーダーシップ」を必要だと考える理由はこちら

 

何ができるか?
ELA研究会で開発された研修ツールのご利用、また、ELA研究員専用フォーラム(個人会員は対象外)では、出版された書物の全文閲覧、研究や事例討議、ご自身の研究ノートや事例レポートを出版、などができます。オンライン上ですので、いつでもどこでもメンバーご自身のタイミングやペースで参加できます。
  • 研修ツールで研修力を強化

実の職場では、目の前の業務や改善目標の達成などへの意識が優先され、メンバーの葛藤やコミュニケーションの問題などは見逃されたりします。また、気がついているものの、面倒くささや、課題が優先ということで後回しにされがちです。そうした人間関係的な問題の本質を、研修ゲーム、ケーススタディ、ロールプレイなどの架空の課題で疑似体験することによって整理できることが大きな効果になります。

  • 研究ノートや事例レポート全文閲覧および出版

ELA研究員は研究ノートや事例レポートを出版できます。また、出版された研究ノートや事例レポートを、ELA研究員同士で全文閲覧することができます。これによってお互いの知識や知恵を共有し、新しい「リーダーシップの知恵」として発展させ、次世代リーダーシップのフレームワークを創り上げていくことになります。ひとりではできないネットワークだからこそできるリーダーシップの知識創造の場です。

 

ELA研究員になるには?
ELA研究員の共通知識として行動科学の基礎知識が必要です。行動科学アカデミーの所定講座終了、会費お振込み後、ELA研究員活動を開始できます。なお、個人会員は研究目的ではありませんので、無料でどなたでもご登録できます。

会費は?

年会費は以下の通りです。
(途中入会の場合は、残り半年以上の場合は1年分、半年未満の場合は半額となります)

  • 正規研究員 12,600円
  • 法人会員(20名まで) 63,000円
  • 個人会員(投稿閲覧のみ) 無料
相互協力研究会との連携
ELA研究会は、相互協力研究会との知識共有も行っています。お互いの投稿、講演、ワークショップなどを積極的に進めていきたいと思っています。

リーダーシップ研究大学の

ご案内

リーダーシップ研究大学サイトはこちら

ULS
リーダーシップ研究大学は、米国カリフォルニア州認定の日本発社会人向けインターネット 大学院です。「受け身の学習だけでは、真に創造的な人材は育たない。どのようなことでもオンリーワンならナンバーワンになれる。リーダーシップという名のもとにカリスマや大物を持ち上げて賞賛したり評するだけでは、自分は変わらない。他人ではなく、「自分が何ができるか」を実践し、周囲にも影響を与えられるような人材の育成」を理念として創立されました。

 

自分の理念哲学を持ち、専門分野で秀で、周囲に影響をあたえるためには、内なる世界を深く探求する教育が必要です。リーダーシップ研究大学は、そういった人材を育成するひとつの場であり、「いつでもどこでも自分のペース」で博士号取得できる場です。リーダーシップ研修事業のCLS Japan本部とともに「初心者から博士号までのリーダーシップ総合教育機関」です。限られた大物だけではなく、日本全体のリーダー人口を増やし、リーダー層を厚くすることを最初の目標としています。

 

本校は、研究活動のひとつひとつの小さな成果を研究ノートや事例レポートとして出版して参ります。それらは人間生活のあらゆる場での身近なリーダーシップ現象であり事例です。リーダーシップを概念だけではなく、「自分の行動」として具現化できるようにすることが出版活動のねらいです。どのような人もリーダーであり、リーダーシップを身近に感じ、創造的に自律的に行動できる新しいリーダーシップを

行動モデル化していくことが本校のねらいです。

 

「ビジネススキルとしての博士号」>>>詳細

「自分アジェンダ」という人生ビジョン>>>詳細

「自分レディネス」を成長させるS.L.セルフ>>>詳細

 

【特徴】詳細はこちら

 

随時入学、修了期限なし
入学は随時お申し込みでき、修了期限はありません。いつでも休学、再入学でき、最終的に必要単位数を取得すれば課程を修了することができます。

 

多様な入学資格
専門学校、短大、4年制大学中途退学資格者でも行動科学アカデミーを修了することにより修士課程に入学できます。

講座ごとのお支払い

 

授業料は、講座を受講するたびにお支払いできます。一括払いではないので、経済的負担が軽くなります。
科目は日本語、インターネット講座
どこでもいつでも自分のペースで学習ができ、科目は日本語で開講されます。日本語だけで卒業できます。
修了者のベネフィット
国内外の学会に論文を発表し、日本だけではなく世界に自分の研究を発表できます。
自分の独自研究を出版します。インターネットを通じて世界に出版できます。
修了者は、本校教員として登録することができます。
入学申込に必要な書類
①英文成績証明書
②推薦状2通
③目的・経歴記述書
*入学は上記の書類審査によって行われます。入学試験はありません。